くらし情報『上白石萌音、色っぽい女性に大変身! 色気の出し方を相談した相手は?』

2019年10月3日 19:30

上白石萌音、色っぽい女性に大変身! 色気の出し方を相談した相手は?

日本三大怪談のひとつ「怪談牡丹燈籠」。初恋の君・新三郎に恋い焦がれ命を落とし、亡霊となって憑りつくお露を上白石萌音さんが『令和元年版 怪談牡丹燈籠』内で演じる。

身を滅ぼしてしまうほど純度の高い愛のカタチに憧れます。
上白石萌音、色っぽい女性に大変身! 色気の出し方を相談した相手は?


「お露は、旗本のお嬢様で身分が高く凛としてますが、心の底で愛の炎を煮えたぎらせている女性。好きな人に想いが届かない怒り、身分違いゆえに会えない狂おしさ、心を開ける人がいない寂しさ…そうした激しい負の感情を大切に演じました」

ピュアの塊のような上白石さん。そうした負の感情をどうやって見つけていったのか不思議。

「寝る前はマイナスなことばかり考えてしまうし、根は結構ネガティブなんですよ(笑)。だから、お露の思考がどこまでも落ちていくところ、すごくわかるんです。私の中にもある小さな失望の種のようなものを膨らませることで、お露をわかろうとしました。でも、好きな人を想って、ごはんが喉を通らない経験はしたことがなくて。まだ、ごはんはいつでも美味しいです(笑)。それで、撮影中に、食べる量を減らしてみたら、お露にのっとられたのか、実際に食べたくなくなったんです。体が変わると心も変わることを、身をもって知ることができました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.