くらし情報『森山直太朗「高畑充希さんが歌ったほうが」新録された「さくら」裏話』

2019年12月18日 19:30

森山直太朗「高畑充希さんが歌ったほうが」新録された「さくら」裏話

音楽をこよなく愛する、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。【音楽通信】第20回目に登場するのは、秀逸な歌声とパフォーマンスで人々を魅了し続けている、シンガーソングライターの森山直太朗さん!

写真・大内香織

目次

・120万枚の大ヒットとなった「さくら(独唱)」の存在
・楽曲が自分の想像をはるかに超えていってしまった
・高畑充希さんが「神さまみたい」と絶賛!
・心がざわざわしたドキュメンタリー映画
・共作者で演出家の御徒町凧との新たな関係
・今後は本当にやりたいことを本気でやっていく
・取材後記
・Information


120万枚の大ヒットとなった「さくら(独唱)」の存在

森山直太朗「高畑充希さんが歌ったほうが」新録された「さくら」裏話


【音楽通信】vol. 20

2002年10月、ミニアルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビューした森山直太朗さん。このデビュー作にバンドアレンジで収録されていた「さくら」はシングルカットされ、ピアノのみでの独唱版として2003年3月にリリースされた「さくら(独唱)」はミリオンセラーを達成し、一躍注目を集めました。

その後もリリースやライブ活動をコンスタントに展開し、音楽と演劇を融合させた劇場公演の実施や俳優としてのドラマ出演など、唯一無二の歌声と類稀なる表現力に定評のある直太朗さん。今回、デビューから17年を経たいま、再び「さくら」が新たなアレンジで生まれ変わり、10月30日に配信シングル「さくら(二〇一九)」としてリリースされました。

そして昨年から今年の6月まで行われた全国ロングツアー「人間の森」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.