くらし情報『磯村勇斗、東京は「ちょっと狭くて生きづらい(笑)」でも…』

2020年1月10日 20:00

磯村勇斗、東京は「ちょっと狭くて生きづらい(笑)」でも…

人も車も賑やかに行き交うお昼時の虎ノ門。信号が変わるたびに押しよせるサラリーマンの人の波。そこに紛れるように磯村勇斗さんが佇む。この街とはどこか異質の彼の存在に気づき足を止め見つめる人もいるが、とくに気にする様子もなく、時にクールに時にお茶目な表情を見せてくれた。

磯村勇斗さんと、撮影した野田若菜さんに東京についてお話をうかがいました。

虎ノ門×磯村勇斗

写真・野田若葉(TRON)

磯村勇斗、東京は「ちょっと狭くて生きづらい(笑)」でも…


――まずは撮影を終えてのおふたりの感想を伺えますか?

磯村:こういうオフィス街での撮影ってあまりないんです。お昼時でサラリーマンの方が多かったですが、非常に自然にいられました。

野田:それは磯村さんの持っている雰囲気もあると思うんです。自然にいてくださったから…。

磯村:…(思い出しながら)そういえば、まったく気にしてなかったですね。普段、人混みが苦手なんですけれど、撮影になると気にならなくなるんです。映像の現場では、カメラマンさんや照明さんがいる前でお芝居してますし。

野田:そこは俳優さんならではかもしれません。実は今日、磯村さんがいらっしゃった時、SFっぽいイメージが浮かんだんです。あちこちで工事していて非日常感のある虎ノ門の街と、金髪・ロングコート姿の磯村さんが、映画『ブレードランナー』を思わせて…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.