くらし情報『あなたを不幸にするかも… 日常生活で見逃してはいけない「不吉な前兆」3つ』

2020年8月7日 20:15

あなたを不幸にするかも… 日常生活で見逃してはいけない「不吉な前兆」3つ

人間生きていればいろいろあります。でも、明らかに不運とわかる出来事以外にも、実は不吉なサインが隠れているとしたら……。それを見逃したことで、さらなる不幸やトラブルを呼びかねません。そこで今回は、「逃れられないトラブルの前兆3つ」をご紹介します。

文・月風うさぎ

クッキーが真っ二つに割れていたら…

目次

・クッキーが真っ二つに割れていたら…
・小指のネイルが剥がれていたら…
・重要な会議中に電話が鳴り続けたら…
あなたを不幸にするかも… 日常生活で見逃してはいけない「不吉な前兆」3つ


自粛中はおやつをたくさん買い込んでいる人も多いでしょう。最近はパッケージがかわいく、美味しいものもたくさんありますが、もし袋や缶から取り出す前にクッキーが割れていたら、それは不吉なサイン。

ヨーロッパでは、クリスマスや誕生日などのお祝いやイベントの際、クッキーを焼く習慣があります。そんな幸せの象徴のクッキーが割れていると、不吉なことが起きる前兆だとするジンクスがあるのです。

特に、クッキーが真っ二つに割れていた場合、なんらかのトラブルやイザコザに巻き込まれ、親友や家族と離れ離れになったり、大事にしていた人間関係にヒビが入る恐れも。

そんなときは、クッキーを一度お皿にのせて元のカタチに戻してから、「ミカエル助けて」とお願いして食べましょう。恐ろしいドラゴン(悪魔)と戦った大天使ミカエルが、トラブルを起こす魔物たちを一掃し、絆や友情を守ってくれるはずです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.