くらし情報『“殺菌”ではなく“消毒”でないと…コロナ対策アイテムの選び方』

2020年8月30日 18:30

“殺菌”ではなく“消毒”でないと…コロナ対策アイテムの選び方

新型コロナウイルス対策に買ったそのアイテム、実は効果がないかも!?世に溢れる消毒グッズの選び方、効果的な使い方を学ぼう。教えてくれたのは、衛生に詳しいナチュラルクリーニング講師・本橋ひろえさんです。
“殺菌”ではなく“消毒”でないと…コロナ対策アイテムの選び方


Q1. 消毒ってどういうこと?
A. 菌やウイルスを「無害化」すること。
新型コロナウイルス対策グッズを見ると、パッケージには「消毒」「除菌」など様々なワードが。一体どれを選べばいい!?「ウイルスの感染を防ぎたいなら、“消毒”と書いてあるアイテムがマスト。消毒とは、ウイルスや細菌を無害化するという意味。除菌や抗菌は、ウイルスではなく菌対策という意味です」

消毒…ウイルスや菌を無害化すること。

除菌…菌をある程度減らすこと。菌の種類や数に定義はなし。

殺菌…菌を死滅させること。菌の種類や数に定義はなし。

抗菌…菌の繁殖を抑えること。殺す効果はなし。

滅菌…すべての菌を殺すこと。残量100万分の1以下が基準。

Q2. 新型コロナウイルスの消毒には何を使えばいい?
A. 一定濃度以上のエタノールが有効です。
「厚生労働省では、“濃度76.9%から81.4%のエタノール”を新型コロナウイルスの消毒に薦めています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.