くらし情報『ハンドクリームの正しい選び方 肌状態で配合成分を決めよう!』

2020年10月1日 19:00

ハンドクリームの正しい選び方 肌状態で配合成分を決めよう!

銀座ケイスキンクリニック院長・慶田朋子先生に、ハンドケアについて話を聞きました。

【ステップ1】やさしく丁寧に、汚れを落とす。

目次

・【ステップ1】やさしく丁寧に、汚れを落とす。
・【ステップ2】ハンドクリームで、潤いをプラス。
・肌状態に合った成分でハンドクリームを選ぼう。
ハンドクリームの正しい選び方 肌状態で配合成分を決めよう!


洗ったつもりでも洗いムラがあれば、手洗いの効果は半減。逆に洗いすぎてしまっても手荒れの原因に。

「心がけるべきは“隅々までやさしく”。指の間まで丁寧に洗ってすすぎ、決して水分を肌に残さないのが上手な手洗いのポイントです」

1:ぬるま湯で手を濡らし、石けんをよく泡立てる。
熱湯で洗うと、肌表面の潤いまで洗い流してしまうことに。逆に冷たすぎる水も、皮膚温度が低下して乾燥し肌荒れしやすくなるので要注意。

「適温は33~35度。人肌よりぬるいことを意識しましょう。洗う時に、摩擦を防ぐためにも、石けんはよく泡立てます」

2:指の間、指先、手首までやさしく洗う。
全体をくまなく洗うことが大切。

「指は一本ずつ洗い、指の間や親指まわり、手首まわりも忘れずに。水性の汚れであれば、爪やブラシなどでこそぎ落とさなくても十分落ちます。こすりすぎると肌のバリア機能が低下するので、泡で包み込むように丁寧に洗って」

3:洗い残しがないよう、しっかり洗い流す。
手についた菌をしっかり洗い流すためには、30秒はすすぐのがおすすめ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.