くらし情報『浅香航大「見るだけで落ち着いてポジティブになれる」悩みの乗り越え方』

2020年11月18日 19:00

浅香航大「見るだけで落ち着いてポジティブになれる」悩みの乗り越え方

2020年は何かと不安にさいなまれるような日々を送っている人が多いと思いますが、そんななか現代社会でもがきながら生きている人たちをテーマに描いた映画『滑走路』が完成。今回は、いまこそ観るべき1本でもある本作に出演したこちらの方にお話をうかがってきました。

写真・大内香織(浅香航大)

俳優の浅香航大さん

目次

・俳優の浅香航大さん
・自分らしさをもっと前に出してもいいと思えた
・役を演じることをストレートに突き詰められた
・一喜一憂しながらいい仕事をしていきたい
・そんなにがんばらなくても、少しくらい休んでも大丈夫
・これから次のステージへと向かっていきたい
・インタビューを終えてみて……。
・つらさを乗り越えて“生きる翼”を手に入れる!
・ストーリー
・心が叫びたくなる予告編はこちら!
・作品情報
浅香航大「見るだけで落ち着いてポジティブになれる」悩みの乗り越え方


【映画、ときどき私】 vol. 344

話題のドラマや映画に次々と出演し、幅広い役どころを演じている浅香さん。本作では、激務のなかで追い詰められていく厚生労働省の若手官僚・鷹野を演じています。そこで、さまざまな葛藤を心に抱えている難しい人物を演じるうえでの苦労や壁にぶつかったときの対処法などについて語っていただきました。

―この作品では非正規雇用やいじめなど、多くの社会問題について描かれていますが、まずは出演したいと思った理由から教えていただけますか?

浅香さんこういったテーマを描いた社会派の作品は、いまの世の中ではそんなに多くはないですが、だからこそ精力的に取り組んでみたいという気持ちがありました。自分のキャリアのなかでも、ここまでシリアスな作品には出演したことがなかったので、ぜひ挑戦してみたいなと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.