くらし情報『作家より人工知能のほうがお得意? 朝井リョウが“外注したい”執筆作業とは』

2016年5月24日 20:00

作家より人工知能のほうがお得意? 朝井リョウが“外注したい”執筆作業とは

あさい・りょう作家。1989年生まれ。2009年『桐島、部活やめるってよ』でデビュー。2013年『何者』で直木賞を受賞。同作が今秋映画化。近著に『世にも奇妙な君物語』。

幼い頃から仲良しだった雪子と薫。成長するにつれ、雪子は作曲家を目指し、薫はプログラミングによる演奏の再現を研究。

二人の価値観は隔たっていく――朝井リョウさんの新作『ままならないから私とあなた』の表題作は、二人の長い期間にわたる物語。珍しく純文学系の雑誌『文學界』に掲載されたものだ。

「ずっと新人類vs老害みたいな話を書きたいと思っていたんです。はじめは会社を舞台にして新入社員が古い慣例を打破していくエンターテインメント小説の予定だったんですが、それだと既視感がありすぎて。舞台設定に迷っていた頃に『文學界』から依頼をいただき、純文学なら設定をより自由に考えられる気がしたんです。それと、合理的で新しい考え方をする人と、昔ながらのものを大切にする人をいきなり登場させるより、二人の幼少期から書いたほうが読者の人も入りやすいんじゃないかと思い、構成を決めました」

つまり新人類=コンピューターで音楽を作る薫、老害=人間が奏でる生演奏を大切にする雪子というわけなのだろうか。

「メールが使われ始めた頃は、手書きの手紙のほうが思いが伝わるとさんざん言われましたよね。新しいものが登場すると、必ず批判して排除しようとする動きがある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.