くらし情報『アメリカ人が日本画にしびれた! 江戸の人気絵師たちの超ハイレベルな作品が里帰り』

2021年6月5日 19:00

アメリカ人が日本画にしびれた! 江戸の人気絵師たちの超ハイレベルな作品が里帰り

名品が続々登場!

アメリカ人が日本画にしびれた! 江戸の人気絵師たちの超ハイレベルな作品が里帰り


会場では、日本美術の流れがわかるような展示構成になっています。

まず「第1章水墨画」では、室町時代に活躍した雪村周継(せっそん しゅうけい)の個性的な水墨画《花鳥図屛風》からスタート。

一見ちょっと地味な水墨画ですが、よく見ると鳥や鯉が生き生きと描かれて、表情もユニークです。この作品は、Miaの日本絵画コレクションのなかでも名品のひとつです。

アメリカ人が日本画にしびれた! 江戸の人気絵師たちの超ハイレベルな作品が里帰り


続く「第2章狩野派の時代」の注目作品は、狩野山雪(かのう さんせつ)の《群仙図襖(旧・天祥院客殿襖絵)》。

もともとは京都の妙心寺にあった襖絵で、中国の仙人の姿が描かれています。江戸時代の初期に描かれ、由緒ある京都のお寺からアメリカに渡ったこの作品、これまでどんな人たちに愛でられてきたのか、想像するだけでわくわくします。

キリギリスの恋バトル!

アメリカ人が日本画にしびれた! 江戸の人気絵師たちの超ハイレベルな作品が里帰り


「第3章やまと絵―景物画と物語絵―」では、ぜひ《きりぎりす絵巻》をご覧ください。やまと絵とは、中国の絵画様式を日本化したもので、優美な風景や物語などが描かれています。

虫を擬人化した恋愛物語《きりぎりす絵巻》では、美しい玉虫姫をめぐり、セミの右衛門督(うえもんのかみ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.