くらし情報『「日本の折り紙から着想を得た」ギリシャの新鋭女性監督が語る制作秘話』

2021年9月2日 19:00

「日本の折り紙から着想を得た」ギリシャの新鋭女性監督が語る制作秘話

本当にいろいろなものが差別をする理由になっているので、いまは厳しい時代だと感じています。ビジネスにおいても、さまざまな技術が出てくることによって、人気がなくなったり、必要とされなくなったりする人や職業も出てきていますからね。まさにニコスもそのひとりだと思います。

どうすればそれが解決されるのかはわかりませんが、こういう状況はとても怖いこと。なぜなら技術が生まれたことによって、人と人との関係が侵略されてしまうからです。しかもコロナ禍になってから、さらにそういう側面が浮き出てきているように感じています。

大事にしているのは、絶対に諦めないこと

「日本の折り紙から着想を得た」ギリシャの新鋭女性監督が語る制作秘話


―今後、ひとりひとりがきちんと向き合っていかなければいけない問題のひとつですね。監督は、女性監督として活動するうえで、差別を経験したこともあったのでしょうか?

監督まずギリシャについてお話すると、ギリシャは父親が権力を持っている社会で、映画監督もほとんどが男性です。そんな環境であるにもかかわらず、私が初めて制作した短編が国内のフィルムフェスティバルで賞をもらったとき、そのほかの部門の受賞者も全員女性でした。

それがギリシャにおける女性監督の第一波とされていますが、同じタイミングでその波に乗れたことは、ありがたいことだと感じています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.