くらし情報『ぺこぱ“ツッコまない漫才”を生んだのは“プロポーズ”というネタだった!』

2021年10月3日 18:10

ぺこぱ“ツッコまない漫才”を生んだのは“プロポーズ”というネタだった!

松陰寺:頭の中でシュウペイが話して面白かったら台本に書き、ネタ合わせをして本当に面白いかを確かめる。台本を書いた時点でのネタの完成度は、50%くらいです。

シュウペイ:シュウペイとしてネタを見せたい部分があるので、「俺だったらこういう言い回しをするな」と伝えたり、変更することも。まぁ、下ネタとかは絶対に許しませんけどね。シュウペイ、そういうキャラじゃないから。

松陰寺:おかしいでしょ。そもそも俺、下ネタ書かないから(笑)。

――ラジオでは、いつものキャラクターとは少し違う二人のやりとりを披露することも。

シュウペイ:昔から松陰寺さんのことを知っている僕が、彼のやばい部分をケアしながら話しています。たとえば、松陰寺さんが自分が着ている服がダサいと言えば、「いや、松陰寺さんがダサいだけだよ」と言う、そういうケアです。もともと僕が汚い言葉を使わないこともあり、マイルドに聞こえるから、バランスがいいんだと思う。

松陰寺:俺が暴言めいたことを言うと笑ってくれるんで、調子に乗っちゃうんです。ラジオではこういう一面を見せ、子どもが見る番組では優しいツッコミをしたりと、割り振りを決めています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.