くらし情報『升毅「まだ悲しみとの距離が全然取れていない」急逝した監督への特別な思い』

2021年10月15日 20:00

升毅「まだ悲しみとの距離が全然取れていない」急逝した監督への特別な思い

東日本大震災から10年という節目を迎えた今年、改めて命の重みや大切な人を亡くす悲しみと向き合った人も多いはずです。そんな思いに寄り添ってくれるのは、まもなく公開を迎える注目のドキュメンタリー『歩きはじめる言葉たち漂流ポスト3・11をたずねて』。そこで、本作についてこちらの方にお話をうかがってきました。

升毅さん

目次

・升毅さん
・悲しみには距離があることを知った
・乗り越えようとしなくても、寄り添うだけでいい
・いい感じに歳を重ねられているのは、佐々部監督のおかげ
・イケオジの先に、何かいいものを見つけていきたい
・インタビューを終えてみて……。
・言葉や手紙が持つ計り知れない力に救われる
・心が動かされる予告編はこちら!
・作品情報
升毅「まだ悲しみとの距離が全然取れていない」急逝した監督への特別な思い


【映画、ときどき私】 vol. 420

今回、2020年3月に急逝した映画監督で親友の佐々部清監督に縁のある場所を旅することになった俳優の升さん。本作では、東日本大震災の被災地で映画作りを考えていた監督の思いを胸に、岩手県陸前高田市の山奥へと向かい、亡くなった人へ宛てた手紙を受け取ってくれる「漂流ポスト3.11」と出会います。そのなかで知った悲しみとの付き合い方や佐々部監督への思い、そして自身のこれからについて語ってもらいました。

―まずは、本作への出演を依頼されたときのお気持ちからお聞かせください。

升さんもともとは劇映画の企画として関わっていたんですが、「漂流ポスト3.11」に手紙を書く人と管理する人を中心にしたドキュメンタリーに変わったと聞いていたので、一旦は僕の手から離れた作品でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.