くらし情報『緒川たまき「難しいです」とポツリ ケラ『キネマと恋人』の稽古を語る』

2016年11月9日 20:00

緒川たまき「難しいです」とポツリ ケラ『キネマと恋人』の稽古を語る

おがわ・たまき出演ドラマ『隠れ菊』(NHK BSプレミアム)が現在放送中。近年は、舞台にも積極的に出演。最近のおもな出演作にドラマ『怪奇恋愛作戦』、舞台『狂人なおもて往生をとぐ』『グッドバイ』など。

日常に閉塞感を抱いていた女の前に、ある日、映画から美しい青年が抜け出してくる――。

演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチさんがウディ・アレン監督の映画『カイロの紫のバラ』をモチーフに手掛ける舞台『キネマと恋人』。今作でヒロインを演じる緒川たまきさんに舞台のことをお聞きしました。

***

「この映画はファンタジックで、どなたにも楽しんでいただけるコメディですけれど、ウディ・アレンらしいほろ苦さのある物語なんですよね。私自身、ただおかしいという笑いよりも、これはもう笑うしかないっていうようなもの哀しい笑いに惹かれますし、この作品の芯に描かれている孤独や満たされなさには、共感する部分もありました」

稽古の様子を伺うと、小さな声でぽつりと「難しいです…」と呟く。

「KERAさんは、ちょっとした音の高低や、零コンマ1秒の間やリズム感にとてもこだわりがあって。ただ、時によっては感情のままのお芝居を要求されるシーンもあったり、そしてそれが10秒ごとに切り替わったりしますから、大変な反射神経が求められます。どちらかにしましょうよ、と思ったりもするんですけれど(笑)。しかもムードのあるシーンにスピード感を持ったやり取りを必要とされたりしますし、そうかと思うと、ふと時が止まる瞬間もあるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.