くらし情報『藤間爽子、26歳で日本舞踊の家元襲名「こんな舞踊家がいてもいいんじゃないかな」【WEB限定カット&一問一答】』

2022年5月18日 20:30

藤間爽子、26歳で日本舞踊の家元襲名「こんな舞踊家がいてもいいんじゃないかな」【WEB限定カット&一問一答】

幼少より、祖母の紫派藤間流家元・初代藤間紫に師事し、日本舞踊家として活躍。現在は話題のドラマ『マイファミリー』に出演するなど、俳優としても活動中の藤間爽子さん。祖母も歩んだ舞踊家と俳優の二刀流の道を邁進する。
藤間爽子、26歳で日本舞踊の家元襲名「こんな舞踊家がいてもいいんじゃないかな」【WEB限定カット&一問一答】


「祖母を真似してということではないのですが、気がついたら同じ道に進んでいました。小さい頃から日本舞踊をやっていたせいか、表に出ることが好きで。学芸会や演劇部でも率先して主役をやるタイプだったんです(笑)」

2つの肩書を持つ強みは、「表現の幅が広がる」こと。

「俳優業をやることで、演技の引き出しは増えたと思いますし、本番に臨む回数も間違いなく増える。舞踊家は人に教えることが主な仕事で、公演会も、例えば歌舞伎のような長期間ではなく、多くて3日程度。でも、俳優として舞台に出演したら2週間ぐらいお客様の前でお芝居できたりするので、場数を踏めるのも大きいですね」

昨年、三代目藤間紫を襲名。26歳という若さで流派を背負う覚悟と責任の重さはいかほどか…。

「襲名に関しては、小さい頃からそれとなく言われていて。ただ、14歳のときに祖母が他界し、当時はまだ家元になれる年齢でもないので、二代目を祖父が継承。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.