くらし情報『【18,000枚売れたスリーパーって?】今から始める子どもの寝冷え対策![PR]』

2017年10月4日 09:15

【18,000枚売れたスリーパーって?】今から始める子どもの寝冷え対策![PR]

目次

・季節の変わり目は夜冷えに注意
・なんでフリース素材がいいの?
・サロペットタイプだからベビーも安心
・小さな子どもに安心の日本製クオリティ
・50〜130サイズまで対応だからキッズもOK!
【18,000枚売れたスリーパーって?】今から始める子どもの寝冷え対策![PR]

季節の変わり目は夜冷えに注意

小さな子どもを持つママにとって、心配な季節の変わり目。
昼間はまだ暖かいと思っていても、朝晩ぐっと冷え込むようになりました。
気温差が激しいと、小さな子どもは体調を崩しやすくなりますね。
この季節、特に気をつけてあげたいのが、睡眠中の寝冷え。

布団をすぐに蹴飛ばしてしまう、元気なキッズにスリーパーは冬の必須アイテムですが、形もデザインも色んなものがあって何を選んでいいのか難しいところ。
アンジェの18,000枚以上売れた人気スリーパーの秘密をご紹介します。

【18,000枚売れたスリーパーって?】今から始める子どもの寝冷え対策![PR]


なんでフリース素材がいいの?

夜、赤ちゃんや子どもに沢山着せすぎてしまうと、寝返りなどの邪魔になり、眠りを妨げてしまう原因にも。
綿、マイクロファイバーなど色々な素材のスリーパーありますが、薄くて軽く、保温力に優れているマイクロフリース素材が寝冷え対策にはピッタリ。
またフリース素材は、こまめに洗濯しても乾きが早いのが特徴。
汗っかきなベビーやキッズの衣類を清潔に保つことができます。

【18,000枚売れたスリーパーって?】今から始める子どもの寝冷え対策![PR]


軽くて動きやすいので、元気な子どもたちの動きを邪魔する心配もありません。

【18,000枚売れたスリーパーって?】今から始める子どもの寝冷え対策![PR]


サロペットタイプだからベビーも安心

赤ちゃんにスリーパーを選ぶ場合、長く着られるように大きなサイズを選びがちですが、つかまり立ちや歩き始めの赤ちゃんには裾を踏んでしまう心配も。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.