くらし情報『濡れた折りたたみ傘の持ち歩き、正解はコレ!大人も納得できるデザイン「bon moment傘カバー」[PR]』

2021年6月15日 12:49

濡れた折りたたみ傘の持ち歩き、正解はコレ!大人も納得できるデザイン「bon moment傘カバー」[PR]

目次

・さしてる時はいいものの、持ち歩きに困る濡れた傘
・傘で片手がふさがらないって心地いい
・外付けすれば、出し入れがもっとスマートに
・同じシリーズの折りたたみ傘とお揃いでも、傘カバー単体でも◎
濡れた折りたたみ傘の持ち歩き、正解はコレ!大人も納得できるデザイン「bon moment傘カバー」[PR]

雨の日に重宝するbon moment(ボンモマン) バッグの中を濡らさない 傘カバーが、リニューアルして今年も登場しました。

濡れたままの傘をサッと仕舞える撥水仕様のケースだから、自分が濡れないのはもちろん、電車やバスで周りに気を遣ったり、社内や出先で置き場所に困ることもなくなります。

わたし自身、今までは元から付属しているカバーで間に合わせていましたが、撥水の安心感、便利さを知ってしまうと、もう手放せません。雨の日の煩わしさがグッと軽減されました。

さしてる時はいいものの、持ち歩きに困る濡れた傘

濡れた折りたたみ傘の持ち歩き、正解はコレ!大人も納得できるデザイン「bon moment傘カバー」


濡れた傘というのは、ザーザー降りの雨の中から屋内へ移動して、ホッとした次の瞬間にはもう邪魔になってしまうもの。

こんな経験、皆さんありますよね。

・せっかく雨から守ったバッグが、たたんだ傘で結局濡れる
・電車で足元に雫がポタポタ。また周囲の人に傘が当たらないように気を遣う
・社内や出先で「どこに置こう?」
・コンビニなど公共の傘立ては盗難が心配

そんな困りごとを解決してくれるのが、濡れたまま収納できる傘カバーです。

濡れた折りたたみ傘の持ち歩き、正解はコレ!大人も納得できるデザイン「bon moment傘カバー」


内側が水滴をグングン吸収するマイクロファイバー。表地は撥水加工がされており、さらに表地とマイクロファイバー生地のあいだに水を吸わないEVAシートが挟まれていて、水が外にしみるのをブロックします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.