くらし情報『下痢と大量の経血で受診!まさかの診断、そして奇跡が…!【生理体験談】』

2020年5月14日 19:00

下痢と大量の経血で受診!まさかの診断、そして奇跡が…!【生理体験談】

 

医師からは「生理で出される子宮の内側の膜に似た組織が卵巣の中にあり、右の卵巣の排卵機能を邪魔している」との説明を受けました。そして手術をするか、ピルでコントロールしていくか、今すぐ頑張ってタイミングを見て子どもをつくるか……という話をされ、私にはすぐには理解できない現実を突きつけられました。まさか自分の体がそんな状況とは思わず、すごくショックを受けたことを覚えています。

別の病院を受診。その後奇跡が起きました!

毎月、生理痛がつらかったことに、こんな病気が隠れていたなんて想像もしていませんでした。チョコレート嚢胞があると子どもができにくいので、子どもが欲しければ手術をすすめると医師から告げられました。彼との子どもは考えていましたがせめて結婚式を挙げてからと思っていました。子どもができにくい体とわかってしまって、お互いにショックを受けたのを覚えています。ですが、彼からこんな言葉をかけてもらいました。「違う病院でもう一回診てもらって、それでダメなら不妊治療も視野に入れて考えよう。結婚式に子どもがおなかにいてもいいから、無理をせずにストレスなく子づくりしていこう」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.