くらし情報『【ビフォーアフター】お金のプロが教える、コロナ禍で家計はどうなった?』

2020年10月28日 22:30

【ビフォーアフター】お金のプロが教える、コロナ禍で家計はどうなった?

、保健用消耗品(マスク・ガーゼ等)、パソコン、ゲーム機・ゲームソフト、郵便料、運送料等でした。これは、巣ごもり需要やテレワークの影響で支出が増えているためと思われます。なお、9月以降は、Go To トラベルやGo To イート等のキャンペーンの効果を考慮すると、支出が増える項目も出てくると予想されます。

今後の家計の対策は?

支出が増えた分野と減った分分野があるように、収入も減った方だけでなく、変わらない方や増えた方もいると思います。いずれも新型コロナウイルスの影響が落ち着くまでその傾向が続く可能性は高いと思いますので、ご自身やご家庭にあった消費の仕方を考えましょう。これからできる対策について、いくつか事例を挙げたいと思います。

支出ができる人はキャンペーンを利用しよう

【1】Go To キャンペーン(トラベル、イート、イベント)と自治体独自のキャンペーンをじょうずに利用しましょう
Go Toトラベルについては、予算がある前提ですが、2021年1月31日分(2月1日チェックアウト)までが対象となっていますが、東京都や神奈川県などのいくつかの自治体では独自の旅行・宿泊補助を行っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.