くらし情報『【シネマVOYAGE】セーヌ川とパリのカフェを巡る…『間奏曲はパリで』『王妃の館』』

2015年4月23日 16:00

【シネマVOYAGE】セーヌ川とパリのカフェを巡る…『間奏曲はパリで』『王妃の館』

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


爽やかな風がそよぎ新緑の香りが運ばれてくると、気持ちまでゆれ動いて、何か新しいことをはじめたい!どこか旅に出たい!と心がさわさわするものです。そんなふらりと旅に出たくなるこの季節、フランスのパリを舞台にした素敵な映画を2本セレクトしました。ひとつは現在公開中のフランス映画『間奏曲はパリで』。もうひとつは4月25日(土)公開の日本映画『王妃の館』です。

『間奏曲はパリで』の旅する主人公はブリジット(イザベル・ユペール)。相思相愛で結ばれたもののいつの間にか夫婦生活はマンネリ、そんな毎日に刺激を求めて彼女はフランスの北東ノルマンディからパリへプチ旅行に。夫に小さな嘘をついてやって来たパリでの目的はある男性と再会することなんですが、何はともあれ久々のパリは華やかで美しくて、ひとりでセーヌ川クルーズしちゃったり。おひとりさまのパリもいいなぁと思わせてくれます。ノートルダム大聖堂、エッフェル塔、ルーヴル美術館やオルセー美術館などセーヌ川から世界遺産を眺めるシーンはとても優雅、一度はあの船に乗ってみたいと誰もが思うシーンです。

セーヌ川クルーズは『王妃の館』にも登場します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.