くらし情報『志尊淳の壁ドンが上手すぎ? 芳根京子「日常でやってるんじゃ…?」と疑う!』

2015年9月23日 12:15

志尊淳の壁ドンが上手すぎ? 芳根京子「日常でやってるんじゃ…?」と疑う!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


人気少女漫画を映画化した『先輩と彼女』の完成披露試写会が9月22日(火・祝)に開催され、主演の志尊淳をはじめ、芳根京子池田千尋監督が舞台挨拶に登壇した。

南波あつこの100万部突破の少女漫画を原作に、同じ部の先輩・圭吾に片思いする女子高生・りか、卒業した先輩を忘れられない圭吾を中心に切なくもキュンキュンする恋模様が展開する。

志尊さんは「最初に話を聞いて、少女漫画原作ということで『かっこよくいないといけない』というプレッシャーがあったけど、監督が『カッコよく演じようとしなくていいから。かっこよく撮るのは私たちの仕事だから』と言ってくださって、人間らしく等身大の高校生を演じられました」と振り返る。

撮影自体は2月の極寒の中で行われたが、志尊さんは「春夏秋冬全てのシーンがあるんですが、少女漫画の世界観を壊したくなくて、(夏の)半袖のシーンもインナーを着ずにシルエットを重視してやってました」と述懐。一方で、芳根さんをおんぶするシーンでは「生まれて初めて背中にカイロを30~40枚貼った(笑)」と背中の芳根さんが寒くないように気を遣ったそうで、芳根さんは「防弾チョッキみたいになってました(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.