くらし情報『オダギリジョー主演ドラマ「おかしの家」、ギャラクシー賞受賞!』

2016年1月20日 17:00

オダギリジョー主演ドラマ「おかしの家」、ギャラクシー賞受賞!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


俳優・オダギリジョーを主演に、尾野真千子や勝地涼、八千草薫ら豪華実力派役者陣で放送された下町の駄菓子を舞台にしたドラマ「おかしの家」。TBSで昨年10月期から新設された「テッペン!水ドラ!!」枠第1弾として放送され注目を集めた本作が、この度「ギャラクシー賞12月度月間賞」を受賞したことが分かった。

東京・下町の片隅に、ひっそりとたたずむ昔ながらの小さな駄菓子屋「さくらや」。太郎(オダギリさん)は、両親を早くに亡くし、祖母・明子(八千草さん)が営む経営状態の苦しい「さくらや」を守ろうと奮闘しているが、なかなか上手くいかない。さくらやの裏口には、太郎の幼馴染で脚本家志望の三枝(勝地さん)や、近所で銭湯を経営する島崎(嶋田久作)たち常連客が入り浸っており、太郎も一緒に駄菓子を食べては、たわいもないお喋りをするという、まるで少年時代のような“グズグズ”な時間を過ごしていた。

そんな中、離婚を機に、息子を連れて地元に帰ってきた幼馴染でシングルマザーの礼子(尾野さん)と再会。それを機に、太郎や仲間たちは「さくらや」を訪れる人々と共に、自身の過去や夢、痛みに向き合い、日常の中に埋もれていた“本当に大切なもの”に気づいていく…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.