くらし情報『満島ひかり、有村架純の“亡き母”役で月9「いつ恋」に登場!』

2016年2月15日 06:00

満島ひかり、有村架純の“亡き母”役で月9「いつ恋」に登場!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


有村架純、高良健吾に高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎という最旬の人気俳優が等身大の現代の若者に扮し、好評を博している“月9”ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」。このほど、本作の第1話「声」で、有村さん演じる主人公・音の亡き母役として手紙を読み上げる“声”だけの演技で話題を呼んだ満島ひかりが、ついに22日放送の第6話に登場することが明らかとなった。

本作は、「東京ラブストーリー」「Mother」「最高の離婚」と数々の名作を世に送り出してきた坂元裕二が脚本を務め、有村さんら若手キャストたちが演じる6人の男女がそれぞれの思いを抱えながら力強く生きる姿を、繊細なタッチで描く青春群像ラブストーリー。第1話放送後から「久々に見応えのある本格的ドラマ」「涙が止まらない」「俳優陣の演技がすばらしい」「坂元氏が描く世界に興味がつきない」など高い評価を受けており、年齢層もティーンから20、30、40代と幅広く支持を受けている。

とりわけ、第1話で大きな感動を呼んだのが、亡き母がまだ幼い娘・音に残した手紙だ。その母として声だけの出演を果たし、手紙を読み上げたのが満島さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.