くらし情報『日本人初!『君の名は。』新海誠監督、米「Variety」誌“注目すべきアニメーター10人”に選出』

2016年5月6日 18:30

日本人初!『君の名は。』新海誠監督、米「Variety」誌“注目すべきアニメーター10人”に選出

Photo by cinemacafe.net

神木隆之介上白石萌音が、主人公とヒロインのキャラクターの声を担当する『君の名は。』。“次世代の宮崎駿、ポスト細田守”と称される気鋭のアニメーション映画監督新海誠の3年振りとなる最新作だが、この度、米「Variety」誌が選ぶ「2016年に注目すべきアニメーター10人」に、新海監督が日本人として初選出されたことが明らかになった。

千年ぶりとなる彗星の来訪を1か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉(上白石萌音)は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!」。そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢…」。一方、東京で暮らす男子高校生、瀧(神木隆之介)も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。彼らが体験した夢の秘密とは。出会うことのない2人の出逢い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.