くらし情報『日本人初!『君の名は。』新海誠監督、米「Variety」誌“注目すべきアニメーター10人”に選出』

2016年5月6日 18:30

日本人初!『君の名は。』新海誠監督、米「Variety」誌“注目すべきアニメーター10人”に選出

昨年は『トイ・ストーリー4』の共同監督、ジョシュ・クーリーらが選ばれ、また特別賞として、ピクサーの創業者のエド・キャットムルや『トイ・ストーリー』などのジョン・ラセターが「Creative Impact in Animation」を受賞。そして2回目となる今回は、新海監督のほか、アニメ映画版『ゴーストバスターズ』のフレッチャー・ムール監督や、2017年公開予定のピクサーのアニメーション映画『COCO』の共同監督、エイドリアン・モリーナが選ばれている。さらに『カンフー・パンダ3』のジェニファー・ユー・ネルソン監督が「Creative Impact in Animation」を受賞したという。

この発表を受け新海監督は「とても嬉しく思います」と喜びを語り、「僕個人は非力な作り手ですし、日本製エンタメの凋落というような言説も囁かれる昨今でもありますが、心強いスタッフたちとともに僕たちなりに高く遠くを見つめ、国内外に誇れる作品作りをしていきたいと思っています」とこれからに向けてコメントを寄せた。

これまで、ディズニーやピクサー、ドリームワークスなど、アメリカのアニメーション業界のスタッフばかりが選出されてきた中で、日本人として初めて選ばれるという快挙を遂げた新海監督。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.