くらし情報『イェソン、頬を赤らめる「ステージの上でこんなに恥ずかしかったのは久しぶり」』

2016年11月3日 17:38

イェソン、頬を赤らめる「ステージの上でこんなに恥ずかしかったのは久しぶり」

Photo by cinemacafe.net

ロマンティックコメディ『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』の初日舞台挨拶が11月3日(木・祝)、新宿ピカデリーにて行われ、W主演となったイェソン(「SUPER JUNIOR})、佐々木希、そして朝原雄三監督が登壇した。沖縄の手踊りであるカチャーシーを急きょ披露することになったイェソンさんは、頬を赤く染めながらも何とか参加し、踊り終わると「とっても恥ずかしかったです。ステージの上でこんなに恥ずかしかったのは久しぶりです」と照れていた。

『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』は、アジアを中心に絶大な人気を誇る韓国のグループ「SUPER JUNIOR」のリードヴォーカルであるイェソンさんと、日本の人気女優・佐々木さんが初共演となった映画。沖縄出張中に会社がつぶれてしまった韓国人青年と、日本のシングルマザーが心を通わせ、恋に落ちていく姿を描く。

『いきなり先生になった』というタイトルにかけて、もし先生になったら何を教えたいかと聞かれたイェソンさん。すると、「ふたつあります。ひとつめは音楽。ふたつめは人間性を教える人格教育です」と答えた。意外とも思える「人格教育」については、「学生に教えながら、僕自身も受けたいという思いです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.