くらし情報『斎藤工、美声で“闇の世界”へ誘う…深夜アニメ「世界の闇図鑑」』

2017年3月10日 16:30

斎藤工、美声で“闇の世界”へ誘う…深夜アニメ「世界の闇図鑑」

Photo by cinemacafe.net

俳優・監督と幅広い活躍をみせる斎藤工が、テレビドラマ「監獄学園」の井口昇がメガホンを取る4月期放送の怪奇ホラーアニメ「世界の闇図鑑」にて、ストーリーテラーを務めることが決定。昭和レトロな雰囲気で呪いや古代文明、心霊体験、都市伝説などを描く本作の“闇の世界”に視聴者を誘うという。

UFO、UMA、呪い、古代文明、超能力、心霊体験、怪事件、異次元世界、都市伝説、 嘘か真か、私たちが生きる世界はありとあらゆる闇と隣り合わせ――そんな世界を紙芝居風アニメーションで表現する本作。昭和40~50年代、漫画誌の巻頭カラーページに掲載されていたオカルト特集や 小学校の図書室で読み耽った怪奇本のように おどろおどろしくも懐かしい昭和レトロな雰囲気が漂う劇画タッチの作画で描き、まるで図鑑のページを1枚1枚めくるかのような、オムニバスショートアニメ番組となっている。

総監督には、オムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』の中の一本、斎藤さんらが出演する『ラブレター』で監督&脚本を務めるほか、『ロボゲイシャ』『ヌイグルマーZ』などを手掛ける井口監督。また「おふこうさん」の吉田ウーロン太が脚本、井上陽水などのツアーミュージシャンを務める福田裕彦(大頭)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.