くらし情報『【インタビュー】松坂桃李「悔いはない」――R18+は俳優人生で大きな一歩』

2018年3月30日 07:45

【インタビュー】松坂桃李「悔いはない」――R18+は俳優人生で大きな一歩

Photo by cinemacafe.net

映画『娼年』の上映時間は119分、うち、松坂桃李はすべての場面に出ている。出ずっぱりの主演、そんな言葉に彼は「確かに、全部出ていますね」と、にんまりとした。さらに、半分ほどは裸体だ。そう続けると、松坂さんは「そうです、そうです」と、楽し気に微笑む。役を成す上で、戦国時代ならば甲冑の重みが、SF映画なら宇宙服の非日常さが助けになろうが、本作では裸が松坂さんの戦闘服、ならぬ戦闘態勢へと誘った。

無気力に生きていた大学生の森中領(松坂さん)がボーイズクラブのオーナー・御堂静香真飛聖)に誘われ、ちょっとした好奇心からコールボーイになる『娼年』の世界は、2001年に作家・石田衣良がセンセーショナルに世に解き放った代表作の映画化だ。領は「リョウ」というカタカナの源氏名で女性たちに買われ、自分の身体や心を使い彼女たちと接していく。それは、何事にも興味を持てなかった自分自身まで満たされていくような、不思議な体験でもあった。

一糸まとわぬ姿で多くの女性と交わる様子が、観客の元へ幾度も届けられる。期待、好奇、欲望、嫉妬――様々な視線がスクリーンの中の松坂さん、もといリョウの元に降り注ぐ。妥協のない描写からR18+指定の本作。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.