くらし情報『【インタビュー】佐野玲於×高杉真宙 つぶさに絡み合う『虹色デイズ』で紡いだもうひとつの“青春”』

2018年7月6日 07:45

【インタビュー】佐野玲於×高杉真宙 つぶさに絡み合う『虹色デイズ』で紡いだもうひとつの“青春”

Photo by cinemacafe.net

自分の青春は何色だっただろうか。情熱のバラ色、クリーンなティファニーブルー、染められない無色透明…頭の中に思い浮かべながらも、もし、どの色も入った七色の虹のようだと例えられたら、どんなに美しく、儚いものだったことだろう。光り輝くいくつもの色に発色するかの如く、一瞬、一瞬の煌めきをすくい取ったような映画『虹色デイズ』が誕生した。

水野美波による同名漫画を映画化した本作では、「女子」高校生ではなく、「男子」高校生4人を主人公に据え、彼らの視点から幻のように過ぎ去っていく春夏秋冬の青春が綴られる。カルテット主演を務めたのは、佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星という若き実力派たち。キャリアも個性もバラバラながら、実に息の合った様子を劇中で見せている。

現に、撮影がとうに終わったいまでもプライベートで仲の良いやり取りを繰り広げる、佐野さんと高杉さん。インタビュー直前まで「この間、教えてもらったゲームがね…」とヒソヒソ、ニコニコしながら顔を寄せ合い、話を弾ませていた。日頃は、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のパフォーマーとして絶大なる人気を集める佐野さんと、演技の研鑽を積み様々な作品で八面六臂の活躍を見せる高杉さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.