くらし情報『伊藤健太郎、“ストレス”がカギ!? 減量&禁酒で心身ともに中学生に『惡の華』』

2019年8月20日 20:00

伊藤健太郎、“ストレス”がカギ!? 減量&禁酒で心身ともに中学生に『惡の華』

Photo by cinemacafe.net

伊藤健太郎主演、玉城ティナをヒロインに迎えた押見修造原作の『惡の華』。この度、危うい思春期の中学生役に挑戦した伊藤さんの役作りの成果が分かる新場面写真が到着した。

鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描き、思春期の暗黒面をえぐり出す本作。伊藤さんが演じたのは、思春期真っ最中の主人公・春日高男。到着した場面写真には、制服姿はもちろん、体操着、上半身裸の春日の姿が切り取られている。

この高男を演じた撮影当時、伊藤さんは21歳、身長179cmの高身長で、がっしりとした体格だった。役作りをするにあたって伊藤さんは、当時の鬱屈とした感情を取り戻すには、心身ともに学生時代に戻らなければならないと考え、減量に加えて、撮影期間中は禁酒し、それが良い意味で役に繋がるストレスとなったそう。

また「中学生の心を忘れないように、ホテルに帰っても中学生っぽいことばかり考えていてくれ」と伊藤さんに言っていたという井口昇監督は、さらに「なるべく猫背にして、150cm台に見える芝居をしてください、好きな食べ物はハンバーグ!みたいな人の芝居をしてくださいと言いました」と撮影前の演技指導を明かす。

これを受け、伊藤さんはホテルに戻っても中学生の心を忘れることなく、鬱屈とした負の感情をひたすらため込む日々。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.