くらし情報『佐藤二朗「役作りは不要」大人気ギャグ漫画「浦安鉄筋家族」ドラマ化に主演』

2019年12月2日 06:00

佐藤二朗「役作りは不要」大人気ギャグ漫画「浦安鉄筋家族」ドラマ化に主演

Photo by cinemacafe.net

「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)にて25年以上にわたり連載中で、シリーズ累計発行部数4,400万部を誇る大人気ギャグ漫画シリーズ「浦安鉄筋家族」が実写ドラマ化。佐藤二朗が主演を務めることが発表された。

「きのう何食べた?」や「勇者ヨシヒコ」シリーズ、現在放送中の「孤独のグルメ Season8」など数々の大ヒット作を生み出し、2020年1月クールには滝藤賢一と古館寛治がW主演を務める「コタキ兄弟と四苦八苦」の放送も控えているテレビ東京・金曜深夜「ドラマ24」枠。

2020年4月クールの作品として登場するのが、浦安を舞台にパワフルな一家が大暴れする本ドラマ。原作は浜岡賢次の同名漫画で1993年から連載が始まり、「元祖!浦安鉄筋家族」「毎度!浦安鉄筋家族」「あっぱれ!浦安鉄筋家族」というタイトルチェンジを経て現在まで長期連載が続く。

先日、11月28日発売の「週刊少年チャンピオン」52号にて「実写化」が解禁されると、瞬く間にTwitter のトレンド入り。原作ファンの大きな喜びの声と共に「実写化えぐい…」「キャストは!?」「実写化とかマジで言ってるの!?」と騒然となっていた。

とにかく超テキトーでだらしがない主人公の大沢木(おおさわぎ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.