くらし情報『カイロ・レン=アダム・ドライバーだからこそ愛されたSW史上最も複雑なヴィラン』

2019年12月23日 07:45

カイロ・レン=アダム・ドライバーだからこそ愛されたSW史上最も複雑なヴィラン

Photo by cinemacafe.net

そもそもカイロ・レンをヴィランと呼んでいいのか、といつも悩む。

『スター・ウォーズ』を見たことがない人でも知っている圧倒的なヴィランとして、映画史にその名を轟かせるダース・ベイダー。だが、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でベイダーを信奉し、その遺志を継ごうとする後継者として初登場したカイロ・レンは“光と闇”の間を揺れ動く青二才。そのあまりの精神的未熟さに、誰もが面食らうことになった。

そんなカイロ・レンを、最新作にして完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』まで3作にわたり演じたのがアダム・ドライバーだ。すでに鑑賞した人たちからは、「アダム・ドライバーがカイロ・レンで本当に良かった」「この映画のベストパフォーマンス」「アダムドライバーに手を差し伸べられたい人生だった」「エモいとしか言いようのない」など、彼が演じたカイロ・レンことベン・ソロへの絶賛が相次いでいる。

その一方で、Netflix作品の離婚に向かう夫婦の物語『マリッジ・ストーリー』では各映画賞の主演男優賞に軒並みノミネートされており、アカデミー賞ノミネートも確実視されている。いま、半端ないキャリアの過度期にいる彼と、その彼が体現した『スター・ウォーズ』史上最も複雑なヴィランに迫った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.