くらし情報『平成の名曲を歌い継ぐ特別企画も「輝く!日本レコード大賞」4時間半の生放送』

2019年12月30日 09:15

平成の名曲を歌い継ぐ特別企画も「輝く!日本レコード大賞」4時間半の生放送

Photo by cinemacafe.net

1959年の放送から60年、今年で61回目を迎える「輝く!日本レコード大賞」が12月30日(月)TBS系でオンエア。昨年に引き続きTBSアナウンサーの安住紳一郎と女優の土屋太鳳が総合司会を務め、4時間30分にわたる音楽の祭典が繰り広げられる。

現時点で発表されている各賞は、優秀作品賞がLittle Glee Monsterの「ECHO」、三浦大知の「片隅」、欅坂46の「黒い羊」、AKB48の「サステナブル」、純烈の「純烈のハッピーバースデー」、乃木坂46の「Sing Out!」、氷川きよしの「大丈夫」、日向坂46の「ドレミソラシド」、DA PUMPの「P.A.R.T.Y.~ユニバース・フェスティバル~」、Foorinの「パプリカ」。

新人賞が海蔵亮太、新浜レオン、BEYOOOOONDS、彩青。

特別賞が菅田将暉、竹内まりや、米津玄師。

最優秀アルバム賞がTHE YELLOW MONKEYの「9999」。

優秀アルバム賞が矢沢永吉の「いつか、その日が来る日まで…」、あいみょんの「瞬間的シックスセンス」、King Gnuの「Sympa」、夏川りみの「美らさ愛さ」。

最優秀歌唱賞には市川由紀乃。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.