くらし情報『「親バカ青春白書」第6話はムロツヨシが監督! “公私混同”特別エンドロールも』

2020年8月30日 23:20

「親バカ青春白書」第6話はムロツヨシが監督! “公私混同”特別エンドロールも

Photo by cinemacafe.net

演出・福田雄一×主演・ムロツヨシで贈るドラマ「親バカ青春白書」が現在放送中。この度、次回放送の第6話(9月5日放送)は、ムロさんが監督を務めたことが分かった。

先程、放送終了したばかりの第5話で明らかになったこの内容。元々、福田監督が全話を撮る予定だったが、コロナ禍で撮影と編集作業が立て込むことが予想され、福田監督が全話を撮ることが物理的に困難な状況に。

そこでプロデューサーとの相談の結果、舞台では福田監督の脚本を演出した経験もあるムロさんなら、面白くしてくれるだろうということで今回決定。

「そりゃ誰もやらないよなぁ、と笑。役者しながら監督して、ドラマ作るというのは」と監督を務めた率直な感想を明かしたムロさん。その経緯については「福田さんからは何もなかったんです。プロデューサーさんから、どうですか?と。一度お断りしたのですが、4月5月のステイホーム生活を経た時にもう一度、どうですか?と言って頂いて。『やります!』とお答えさせて頂きました」と一度は断っていたと話す。

出演と監督、両方を務めるということで「自分が出てるシーンはやはり苦労します」と切り替えが大変だったそう。また、オンエアには映らないが、ムロさん扮するガタローの代役は、後輩の田本清嵐が行ったそうで「田本、このようなお願いに応えてくれてありがとう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.