くらし情報『『461個のおべんとう』はおなかがすく!?『かもめ食堂』『海街diary』飯島奈美らが料理監修』

2020年11月18日 12:15

『461個のおべんとう』はおなかがすく!?『かもめ食堂』『海街diary』飯島奈美らが料理監修

Photo by cinemacafe.net

井ノ原快彦と道枝駿佑が親子役を演じる『461個のおべんとう』には、親子の絆で生まれる美味しそうなお弁当の数々が登場する。その料理監修を担当したのは、数々の映画・ドラマ・CMなどで活躍している飯島奈美をはじめとするフードスタイリストたち。このほど、大事なお弁当の最後の仕上げ、お弁当箱におかずを詰める父・一樹の様子を収めた場面写真がWEB解禁となった。

飯島さんが料理監修した映画やドラマ作品は多数あるが、どの作品にも、とにかく美味しそうな料理が登場するのが魅力。例えば『かもめ食堂』では、北欧の食堂で生姜焼きやとんかつ、焼き魚といったほっかほかの和食に梅、鮭、おかかのおにぎり。また、『南極料理人』では、極寒の極地でのおにぎりと豚汁、ラーメンに伊勢海老フライなどバリエーション豊かな料理がテーブルを彩る。

さらに、映画化もされたドラマ「深夜食堂」にも看板メニューの豚汁、赤いウィンナーや甘い卵焼きに、カツ丼やあさりの酒蒸しなど、客のリクエストで作るメニューが。『海街diary』では、舞台の鎌倉らしい生しらす丼やアジフライ、懐かしい感じのするちくわカレーなどが登場してきた。

本作では、飯島さんと岡本柚紀らが料理監修。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.