くらし情報『【インタビュー】アデル・エネル、もどかしさを感じるようなリズムで…『燃ゆる女の肖像』は1つの旅路』

2020年11月25日 18:00

【インタビュー】アデル・エネル、もどかしさを感じるようなリズムで…『燃ゆる女の肖像』は1つの旅路

お互いの創造性で新たな描き方をしています。私たちの現場にはミューズはいないのです」とまで語る。そんな監督と“共闘関係”のもとで本作に参加したエネルの貴重なインタビューがシネマカフェに到着した。

「最初はまるで能の面を被っているかのよう」
貴族の娘の感情の旅路

規律や伝統を重んじる教育を受けてきたエロイーズは、母親の決めた見合いを控えて修道院から出てきたばかり。“散歩相手”として自分の前に現れた画家のマリアンヌ(ノエミ・メルラン)とともに島を散策し、文学や音楽をはじめ様々なことを語り合う中でそれまで自分の知らなかった自分を知るように。やがて、そのマリアンヌと、生涯忘れ得ぬ痛みと喜びを身に刻む恋に落ちる。

エロイーズを演じる上での役作りのプロセスについてエネルは、「平等性から生まれる新たな愛の物語という、全く新しい映画体験となる作品が実現したと確信しています。この映画を1つの旅路だと捉え、観客がこれまでに体験したことのなかった感情をいかに作っていくかについて、自分なりのリサーチに基づいて役作りしました。少し溜めを持たせ、もどかしさを感じるような特定のリズムで展開していくことによって、映画の最後で感情のクライマックスを迎えるという、じわじわくる演技を目指したんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.