くらし情報『香取慎吾に「新たな代表作」の声とシム・ウンギョンに賞賛、続編希望も…「アノニマス」最終話』

2021年3月16日 08:50

香取慎吾に「新たな代表作」の声とシム・ウンギョンに賞賛、続編希望も…「アノニマス」最終話

Photo by cinemacafe.net

香取慎吾主演、SNSでの誹謗中傷をテーマにした新感覚クライムサスペンス「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」の最終話が3月15日放送。続編を希望する声がSNSにあふれるとともに、香取さんとシム・ウンギョンの2人に数多くの反応も送られている。

警視庁が試験的に新設したキーボードによる殺人=指殺人(ゆびさつじん)専門の対策室「警視庁指殺人対策室」=通称「指対(ゆびたい)」を舞台に、2年前に相棒が暴走し、意識障害となったことで捜査一課の第一線から外された一匹狼の刑事・万丞渉が指対に配属。“アノニマス”と名乗り警察すら出し抜く存在に翻弄されながら、相棒の倉木が追っていた2年前の事件の真実に迫っていくというストーリーが展開してきた本作。

香取さんが万丞渉役で主演したほか、指対メンバーとして関水渚が万丞の相棒となる碓氷咲良に、MEGUMIが菅沼凛々子に、清水尋也がデジタル担当の四宮純一に、勝村政信が過去にアノニマスだった指対室室長の越谷真二郎に、山本耕史が捜査一課の刑事・羽鳥賢三に、シム・ウンギョンさんが万丞のかつての相棒で“アノニマス”の正体だった倉木セナに、高橋克実が2年前の事件の証拠捏造を指示した刑事部長の城ヶ崎明文に扮する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.