くらし情報『バンダイ、アンパンマン仕様の幼児向けAndroidタブレット「コドなび!」 - 対象年齢3歳以上、「新しい学習体験を提案」』

2014年9月29日 18:14

バンダイ、アンパンマン仕様の幼児向けAndroidタブレット「コドなび!」 - 対象年齢3歳以上、「新しい学習体験を提案」

バンダイ、アンパンマン仕様の幼児向けAndroidタブレット「コドなび!」 - 対象年齢3歳以上、「新しい学習体験を提案」
●150種類以上のオリジナル学習メニューを収録
バンダイは29日、「それいけ!アンパンマン」のキャラクターを採用した、幼児向けのAndroid搭載タブレット「コドなび!」を発表した。

国立大学法人 東京学芸大学と、特定非営利活動法人 東京学芸大こども未来研究所との共同研究により開発した製品で、対象年齢は3歳以上。価格は税込30,240円。玩具店や百貨店、量販店の玩具売場などで10月25日より発売する。

同日行われた発表会では、バンダイの飛田尚美取締役、プレイトイ事業部デピュティゼネラルマネージャーの村瀬和絵氏が登壇し、製品の開発背景や特徴を説明。そして製品の総合監修に携わった東京学芸大学の松田恵示教授が、開発にかかわった経緯、製品のポイントについてコメントした。

○150種類以上のオリジナル学習メニューを収録

「コドなび!」は、デジタルネイティブ世代の子供に向け、バンダイが商品を企画し、学習内容やデザインコンセプトについて東京学芸大学の教授陣、東京学芸大こども未来研究所が総合的に監修を行った7型のAndroidタブレット。タブレットの形状は、パンを味わうように、学びを楽しんで欲しいという願いを込め「パンの形にこだわった」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.