くらし情報『中村アン、新田真剣佑と感情爆発!? 高嶺の花の女性役で“凄い事“に』

2020年9月5日 04:00

中村アン、新田真剣佑と感情爆発!? 高嶺の花の女性役で“凄い事“に

中村アン、新田真剣佑と感情爆発!? 高嶺の花の女性役で“凄い事“に

EXILE/三代目JSOULBROTHERSの岩田剛典が主演を務める、映画『名も無き世界のエンドロール』(2021年新春公開)の新キャストが5日、明らかになった。

同作は行成薫による同名小説の実写映画化作。お互いに親がいないキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)は少年期に出会い、支え合いながら平和に生きてきた。しかし、“ある事件”をきっかけに、2人の人生は大きく変わってしまう。自分たちの運命を変えた不条理な世の中に復讐するため、キダは裏の社会、そしてマコトは表の社会で、10年もの時をかけ、社会の底辺から必死でのし上がっていく。

今回明らかになったのは、自動車修理工場で働くキダとマコトの前に現れる政治家令嬢のリサを演じる中村アン。大物政治家の父親を持ち、自身は芸能界で活躍する人気モデルという、キダやマコトとは住む世界の違う高嶺の花の女性となる。「リサにふさわしい男」になるため、異常な執念で会社経営者にまでのし上がったマコトの恋人になる存在で、山田杏奈演じるヨッチと並んで、物語のカギを握るもう1人のヒロインとして体当たりの演技を披露している。

高飛車で自己中心的な政治家の娘という役どころに、「これまでのイメージからギャップがあり、役者としての振り幅を併せ持った存在」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.