くらし情報『TEAM NACS、5人で“悪魔のなまら飯”作り「我々5人が北海道を代表して」』

2020年12月28日 00:00

TEAM NACS、5人で“悪魔のなまら飯”作り「我々5人が北海道を代表して」

TEAM NACS、5人で“悪魔のなまら飯”作り「我々5人が北海道を代表して」

北海道を拠点に活躍する5人組演劇ユニット「TEAM NACS」(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真)がホクレン農業協同組合連合会の新CM「悪魔のなまら飯」シリーズに出演する。CMは、28日より北海道エリアにて順次放送される。

第1弾は「悪魔のなまら飯 チームナックス」編、「悪魔のなまら飯 大泉」編を公開。「悪魔のなまら飯 チームナックス」編では、大泉が「これはやみつき! っていうのは何?」と軽快に切り出すと、安田が「たっぷりバターが、じゅわわわわわ~」、森崎が「生クリームが、ほわわわわわ~」、戸次は「熱々チーズが、とろろろろろ~」とコメントし、笑顔で共感し合うが、音尾から飛び出した「バターとチーズが、ばちばちばちばちばち~」という言葉には、「それどんな感じ?」と伝わらない様子を描く。

「悪魔のなまら飯 大泉」編では、大泉が「悪魔のぶっかけカルボナーラ飯」作りに挑戦。「あぁいい匂い」「いい感じいい感じ」と料理中も自画自賛の声が漏れる大泉。試食シーンでは「なまらおいしい!!」と心からの叫びが。

その他のメンバーも、安田は「悪魔のどっさりバターおでん」、森崎は「悪魔の流し込み純生いちご」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.