くらし情報『神尾楓珠、20歳で亡くなった青年の実話を映画化 市船高校に伝わる応援曲の奇跡紡ぐ』

2021年3月15日 05:00

神尾楓珠、20歳で亡くなった青年の実話を映画化 市船高校に伝わる応援曲の奇跡紡ぐ

として各レビューサイトで"感動""号泣"コメントが殺到し、メディアでも大きな話題を集めた。

今回、主人公の浅野さんを演じる神尾はトロンボーン、そしてピアノ演奏に挑戦。実際に、市船吹奏楽部の演奏も見学し、スクリーンで大義さんの人生を生きる上での役作りに反映させた。また恩師・高橋先生を演じる佐藤浩市は、初の吹奏楽部顧問を演じる上で、実際に高橋先生から指揮法を学び、神尾同様、市船吹奏楽部の演奏と合唱を見学。彼らの音楽を聴いて、大好きな音楽と共に生き切った浅野さんの人生を先生の目線で伝えていく。監督は秋山純、脚本は原作の著者でもある中井由梨子が務める。
○神尾楓珠 コメント

最初、実話ということを知らずに脚本を読ませていただいたのですが、
映画みたいな、すごい青春だなと感じました。
本作で、浅野大義さんを演じる上で、いろいろな方たちからお話を伺い、
彼は周りからの人望が厚く、とても愛されていたんだなと感じ、映画ではその魅力や、そして彼が残してくれた生き様が、きちんと伝わる様に演じられたらいいなと思います。○佐藤浩市 コメント

市船・吹奏楽部の生徒たちが演奏しているのを見させていただき、
昨今、このコロナで演奏できる場、表現できる場が失われた生徒たちが、
“何か”を伝えようと、とても生き生きと演奏していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.