くらし情報『神尾楓珠、20歳で亡くなった青年の実話を映画化 市船高校に伝わる応援曲の奇跡紡ぐ』

2021年3月15日 05:00

神尾楓珠、20歳で亡くなった青年の実話を映画化 市船高校に伝わる応援曲の奇跡紡ぐ

その姿を見て、この映画で、そして浅野大義さんの人生を通して、
自分自身もこの子たちのその“何か”を伝えたいと思います。
○秋山純監督 コメント

市船・吹奏楽部の生徒たちが演奏しているのを見させていただき、
昨今、このコロナで演奏できる場、表現できる場が失われた生徒たちが、
“何か”を伝えようと、とても生き生きと演奏していました。
その姿を見て、この映画で、そして浅野大義さんの人生を通して、
自分自身もこの子たちのその“何か”を伝えたいと思います。
○原作・脚本:中井由梨子コメント

浅野大義、という音楽好きの青年が20歳の若さで亡くなった。
その事実の中に、想像もできないような奇跡が、たくさんの人々の絆が、溢れ出す想いがあります。
短くても力強く生ききる、命の輝きを感じてください。
誰もが共感できる、明日への勇気となるような映画です。

(C)2022「20歳のソウル」製作委員会

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.