くらし情報『釈由美子、「スキップは残念だけど」とアクションシーン披露も会場失笑』

2015年6月10日 11:30

釈由美子、「スキップは残念だけど」とアクションシーン披露も会場失笑

釈由美子、「スキップは残念だけど」とアクションシーン披露も会場失笑
女優の釈由美子、文音、俳優の久保田悠来が9日、東京・池袋HUMAXシネマズで行われた、映画『KIRI―「職業・殺し屋。」外伝―』の完成披露試写会に出席した。

西川秀明の漫画を原案にした本作は、女暗殺者・キリの物語を描くハードボイルド・アクション。プロの殺し屋として育てられたキリ(釈)は、母親を失った凄惨な事件の真相を追い、復讐に燃える――というストーリーで、映画は20日から全国公開する。

古武道で黒帯2段の実力を持つ釈は、14年ぶりの本格アクションに挑み、「魂を込めて演じました。キリの闘う心意気を感じて、愛してくれたら」と胸を張ってアピール。ミニワンピースでアクションの1シーンを再現するも、お遊戯のような動きに会場からは笑いが漏れ、「テレビで残念なスキップを披露してるけど……。『スキップは残念だけど、アクションは出来るよ』って周りの人に伝えて」と観客に念を押していた。

また、共演シーンが多い久保田と会話が無かったことをこぼした釈が、「役に入り込んで、殺し屋の目になってたみたい」と苦笑いを浮かべると、久保田は「ずっとブルブルしてた……。女優陣の素晴らしい肉体を見て!」と釈の殺し屋っぷりを大絶賛。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.