くらし情報『前田敦子&新井浩文のガラス越しシャワーシーンがエロい!『毒島』第5話』

2016年5月17日 16:20

前田敦子&新井浩文のガラス越しシャワーシーンがエロい!『毒島』第5話

前田敦子&新井浩文のガラス越しシャワーシーンがエロい!『毒島』第5話

AKB48で女優の前田敦子が主演を務めるTBS連続ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(毎週水曜24:10~、18日は24:12~)の第5話が18日、放送される。恋愛も仕事も大きな局面を迎えるという第5話の見どころについて、橋本梓プロデューサーに聞いた。

同ドラマは、常に複数の男と関係を持つことをいとわない"超恋愛体質女"の毒島ゆり子(前田)が、大物政治家の番記者としてがむしゃらに働きながら奔放な恋愛を満喫し、一人の魅力的な男性に恋に落ちて、壮絶な最後を迎えるドロドロエンターテインメント。

これまでの放送で、ゆり子(前田)は、長年付き合っていた美登里(渡辺大知)と、スポーツジムのインストラクター・野村(八木将康)と二股を続け、さらに、既婚者であるライバル紙の記者・小津翔太(新井浩文)とも関係を持つ。不倫はしないというルールを自分に課していたが、第4話の最後で小津に「離婚した」と言われたゆり子は、第5話で「小津さんだけを信じて生きていこう」と決意し、初めて二股ではなく一人の男を愛するようになる。

そんな第5話について、橋本プロデューサーは「ゆり子が人生最高の幸せをかみしめる回。一緒に住み始めたゆり子と小津の初々しい生活を描いている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.