くらし情報『貫地谷しほり、撮影時の苦労語る「スタッフさんと死んでました(笑)」』

2017年8月23日 10:00

貫地谷しほり、撮影時の苦労語る「スタッフさんと死んでました(笑)」

貫地谷しほり、撮影時の苦労語る「スタッフさんと死んでました(笑)」

9月16日公開の映画『望郷』の完成披露上映会が22日、東京・新宿武蔵野館で行われ、貫地谷しほり大東駿介菊地健雄監督が出席した。

『告白』や『白ゆき姫殺人事件』など、ヒット作を連発している人気ミステリー作家・湊かなえのベストセラー短編集『望郷』を、貫地谷しほり大東駿介木村多江緒形直人ら豪華キャストで映画化した本作。全6編で構成されている小説から、『夢の国』と『光の航路』が劇中で描かれており、『夢の国』で4年ぶりに映画主演を果たした貫地谷が、古いしきたりに縛られて事件を起こしてしまう夢都子役を、『光の航路』で過去の確執を抱えたまま死別した父の思いを知る中学校教師・航役を大東が熱演している。

完成披露上映会の前に舞台あいさつが行われ、貫地谷と大東、そして菊地監督が登壇。初めてタッグを組んだ菊地監督について貫地谷は「妥協が一切なく、心の中で微妙だったと思うと、監督が『もう1回やろう』と言ってくださり、細かいところまでじっくり見てくれる安心感とうれしさがありました」と印象を語った。一方の大東も「出会った時に『この人を信じれば大丈夫』と思いました。湊さんの故郷である因島で撮ることを本当にやってしまったし、それぞれがこの作品をよりよい形にとみんなが理解していて、それは監督の力だと思いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.