くらし情報『広瀬アリスの巫女姿にうっとり! レッドカーペットで美貌放つ』

2017年10月25日 16:43

広瀬アリスの巫女姿にうっとり! レッドカーペットで美貌放つ

広瀬アリスの巫女姿にうっとり! レッドカーペットで美貌放つ

女優の広瀬アリスが25日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた第30回東京国際映画祭(TIFF)のオープニングレッドカーペットに登場し、巫女姿を披露した。

「特別招待作品」として上映される『巫女っちゃけん。』で主演を務めた広瀬は、共演のMEGUMI、リリー・フランキー、飯島直子、グ スーヨン監督らと登場。劇中の巫女姿で美貌を放ち、歓声に笑顔で手を振って応えた。

『巫女っちゃけん。』は、神社の娘で腰掛け巫女をしているしわす(広瀬)の物語。しわすは、ひょんなことから5歳の少年・健太の面倒をみることに。そして、神社の裏側や礼節・作法のハウツーを織り交ぜながら、しわすが女性として成長していく姿を描く。

東京国際映画祭は、日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭。30回目となる今年は、10月25日~11月3日の10日間にわたって、六本木ヒルズ、EXシアター六本木ほかで開催される。最高賞であるグランプリを競う「コンペティション部門」では、国内外から集まった1538本の応募から15本を選出。日本からは、瀬々敬久監督の『最低。』と、大九明子監督の『勝手にふるえてろ』が出品される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.