くらし情報『ゆりやん、本命の相手は「霜降り明星のせいやさんだなんて言えない」』

ゆりやん、本命の相手は「霜降り明星のせいやさんだなんて言えない」

2018年3月14日 11:00
 

関連リンク

・【シネマVOYAGE】海から現れたミステリアスな男を受容する不思議な街…『海を駆ける』
・東出昌大が「お金の教育」に驚愕「林先生が驚く 初耳学!」
・千葉雄大、かわいいから大人の男へ!?「早く年を重ねたい」意外な一面も告白
ゆりやん、本命の相手は「霜降り明星のせいやさんだなんて言えない」

3月30日公開の映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』のジャパンプレミアが13日、東京・六本木のTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、リュック・ベッソン監督、日本語吹き替えを担当したTHE ALFEEの桜井賢坂崎幸之助高見沢俊彦ゆりやんレトリィバァが登場した。

『レオン』や『フィフス・エレメント』など、数々の作品を世に送り出してきたリュック・ベッソン監督の最新作となる本作。2012年以来、実に6年ぶりの来日となったベッソン監督が、日本語吹替え版で、キモかわエイリアンの情報屋トリオ"ドーガン=ダギーズ"の声優を務めたTHE ALFEEの3人、宇宙人ダンサー・バブル役のゆりやんレトリィバァとともにジャパンプレミアムに登場して訪れたファンを沸かせた。

開口一番、流暢な日本語で「どうもありがとう! こんばんは!」とあいさつし、「初めて日本にやってきたのは30年近く前でした。それ以来、うれしいことに僕のことを信頼してくださって30年の長きにわたって皆さん私の作品を見てくださり、長く続いている皆さんとの関係や皆さんの応援を心から感謝しています」と笑顔。10歳の時に原作コミック『ヴァレリアン』シリーズと出会って映画化にこぎつけた本作については「映画化できてとてもうれしいですね。原作をご存知じゃなくても全然大丈夫です。たっぷり楽しめると思いますよ」とアピールしながら、「この映画は4年をかけて作った作品です。僕とともに作り上げてくれたプロデューサーが今日来ています。僕の妻でもあります。彼女の存在なくしてはこの映画を作ることが出来ませんでした。ぜひ拍手を送っていただけるとうれしいです」と愛妻家としての一面も見せていた。

イベント中には、ベッソン監督に流暢な英語でアピールに余念がなかったゆりやんレトリィバァだが、イベント後の囲み取材では「ちょっと複雑な言い方になってしますが緊張しました。私もハリウッドに行きたいとここぞとばかりにお願いさせていただけてうれしかったです。言いたいことは言えたので良かったです」としてやったり。そのゆりやんレトリィバァだが、翌日のホワイトデーに絡めた恋愛の質問が飛ぶと「私の恋愛にもう首突っ込まないで下さい!」と拒否反応も「あのね、大阪の2年先輩の霜降り明星のせいやさんなんて言えないですから! 気づいたら好きですと言うてもうたって言えないですから」と告白して報道陣の笑いを誘っていた。映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は、3月30日より全国公開。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.