くらし情報『山里亮太、『ナカイの窓』終了に本音「悔しいね」』

2019年3月28日 15:06

山里亮太、『ナカイの窓』終了に本音「悔しいね」

山里亮太、『ナカイの窓』終了に本音「悔しいね」

お笑いコンビ・南海キャンディーズ山里亮太が、27日深夜に放送されたTBSラジオ『水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論』(毎週水曜25:00~27:00)で、日本テレビ系バラエティ番組『ナカイの窓』(毎週水曜23:59~24:54)の最終回について語った。

2012年10月より放送されてきた『ナカイの窓』は27日深夜の放送で6年半の歴史に幕。最終回は、「最終回ハワイSP後編」と題してハワイロケの後編が放送され、中居、山里らが出演した。

山里は同ロケで、過去のトラウマから長年NGを出していたスカイダイビングを行った。16年ぶりとなったスカイダイビングについて、「急にドッキリで、中居さんに言われた通りに行って案内されたところに、"スカイダイビング"って書いたセスナ機が止まってるわけ。嫌な予感はしてるわけよ。車に乗ってる時に『なんかすごいだだっ広いところ目指してない?』っていう。『ハワイでだだっ広いところ目指すって、あれじゃない?』と思ったときにセスナ機の音が聞こえてきて、『あ、これは食らうな』って(笑)」と振り返った。

続けて「スタッフさんがすごい優しくて。『山ちゃんには本当に世話になっているから、そんな山ちゃんが最後の最後に、そんな辛い思い、嫌な思いをしてロケの印象が山ちゃんの中で嫌なもので終わるのは俺たちも望んでないから』って。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.