くらし情報『山里亮太、『ナカイの窓』終了に本音「悔しいね」』

2019年3月28日 15:06

山里亮太、『ナカイの窓』終了に本音「悔しいね」

中居さんも絶対、僕の気持ちもくんでくれるから。『山里が出す答えはなんでも正解として、回す準備はできてる』って言ってくれてると」と明かした。

セスナに乗った際の心境を「離陸するときからもうさ、怖くて死にそうなのよ。もう何を話しかけられても、震えるしかできないわけ。勝手に体が震えちゃうから。ガクガク震えてて」と振り返った山里。

「一応、飛ばないという選択肢が頭の中によぎるのよ」という山里だが、「ただ、それを容易に消してくれるものが出てくるわけ。それが自分が『ナカイの窓』でサブMCとしてやってきたりとか、自分のための企画とか。あと、俺が裏かぶりで『ナカイの窓』出れなくなった後に、もう一回入ってきやすいように、中居さんが考えたドッキリを仕掛けてくれて。最後に種明かしのときに、中居さんが俺のことを抱きしめて『おかえり!』って言ってくれた。それが俺の背中を最後に押したのよ」と話した。そして「あのときの感謝に応えなきゃ、人として終わりだなと頭の中で思って。もう意識はほとんどないけど、親指をカメラさんに向けて。で、飛んだわけさ」と中居への感謝から飛んだことを明かした。

また、放送を振り返り、「俺、『悔しい』って言っちゃった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.