くらし情報『飯豊まりえ&キャスリン・ニュートン、実写版ピカチュウ参加は「運命」』

2019年5月14日 12:15

飯豊まりえ&キャスリン・ニュートン、実写版ピカチュウ参加は「運命」

飯豊まりえ&キャスリン・ニュートン、実写版ピカチュウ参加は「運命」

●あふれるポケモン愛
世界中で大人気のポケモンをハリウッドが初めて実写化した映画『名探偵ピカチュウ』(公開中)でヒロイン・ルーシーを演じたキャスリン・ニュートン(22)と、日本語吹き替えを担当した飯豊まりえ(21)にインタビュー。『ポケモン』との関わりを聞くと、幼い頃からずっと大好きだというポケモン愛が炸裂! そんな2人に本作への思いや作品の魅力を語ってもらった。

○■キャスリンの声を聞きながら吹き替え

――飯豊さんは本作が吹き替え初挑戦となりましたが、やってみていかがでしたか?

飯豊:初めての作品がポケモンで、キャスリンさんとの素敵な出会いもあって本当に幸せです。これがまた何かにつながっていけばいいなと思っています。

――アフレコではどのようなことを意識しましたか?

飯豊:吹き替えで違和感を抱かれることのないように、ルーシーを演じるキャスリンさんに合わせて、なるべく演技に差が出ないようやりました。

キャスリン:私、早口でしょ!?

飯豊:早口だったー! 追いつくのが大変でしたが、すごいパッションを感じたので、あえてキャスリンさんの声を聞きながら同時にしゃべっていました。頭が混乱しますが、そのほうがリアルなところに近づける気がして。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.