くらし情報『宮下草薙が語る“お笑い第7世代”のチーム感 コンビの仲良しぶりも明らかに』

2019年9月18日 10:00

宮下草薙が語る“お笑い第7世代”のチーム感 コンビの仲良しぶりも明らかに

宮下草薙が語る“お笑い第7世代”のチーム感 コンビの仲良しぶりも明らかに

●「ライバルという考えは1ミリも持ってない」
お笑い第7世代”の一員として注目を集めているお笑いコンビ・宮下草薙の草薙航基と宮下兼史鷹(みやした けんしょう)。草薙のネガティブな妄想に宮下がツッコんでいく漫才が人気で、バラエティ番組でもそのキャラクターがウケている。

2日に生配信されたAbemaTVの特番『全国JKDKガチ投票今本当に流行ってるもの選挙2019夏』(『JKDKガチハヤリ選挙』)では“第7世代”の4組が集結し、霜降り明星、四千頭身、EXITと共演。番組終了後に草薙航基にインタビューし、“第7世代”の関係やブレイクの手応えなどを聞いた。また、番組にちなんでコンビの間で流行っていることを尋ねると、2人の微笑ましい関係性を知ることができた。

――“お笑い第7世代”が豪華集結しましたが、共演していかがでしたか?

宮下:これだけそろうことはなかなかないので、シンプルに楽しかったですし、落ち着いてできました。あの人たちの顔を見ると安心しますね。

草薙:面白い人たちばかりで、すべったり変な感じになってもみんなでフォローしてくれて優しかったです。

――ライバルというより仲間という印象が強いですが、実際どうなんでしょうか?

宮下:ライバルという考えは1ミリも持ってないですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.